FC2ブログ

オーストラリアガマグチヨタカ ヒナ誕生☆

2019-06-16

みなさんこんにちは!
斉藤です(*´ω`*)

先日、ワラビーの赤ちゃんが産まれたことを報告させていただきましたが、今回は「オーストラリアガマグチヨタカ」のヒナの誕生を報告させていただきます!!!
なんと!今年はバードケージ内に展示をしているペアが子育てを頑張っているため、ヒナの様子を来園者にも観察していただけます!

孵化したのは5月12日!1か月ほど前です!
孵化2日目のヒナ。
温めているのはお父さん!
ヨタカヒナ1
毎回ながら、私はこのヒナの姿を見ると、どうしても仙人にしか見えません。
真っ白な髭を蓄えたかのようなこの姿。何かを悟ったようなその表情。最高です。

ヨタカヒナ6
お母さんからの給餌。

ヨタカヒナ5
親子3ショット!奥がお父さん、手前がお母さん!
日中はお父さんがヒナを温め、お母さんがエサをヒナに運んでいます!

ヨタカヒナ4
大きくなってきましたね。孵化15日目くらいでしょうか。
お父さんのお腹に収まらなくなってきました!!!

ヨタカヒナ3
孵化25日ほど。
大人の半分ほどの大きさになってきました!
並んでいるのはお母さん(^^)
この時期になると巣の上に3羽並ぶのは狭いのか、エサの時間になるとお父さんは飛んでいってスペースを空けている様子。

ヨタカヒナ2
孵化34日。(昨日撮影しました!)
相変わらずご飯を与えるのはお母さんの役目!
大きくなったヒナにせっせとご飯を運んでいます!

現在もバードケージ内にて子育て中!
毎日すくすくと元気に育っています!
巣皿の上に丸い毛玉のようなものが見えれば、それがヒナです!(笑)
わからなければ、近くにいるスタッフにお尋ねください!
ヨタカのヒナ、子育てを観察できるのは、当園ではとても珍しいことです!
この機会に是非!観察してみてください!
皆様のご来園、心よりお待ちしておりますm(__)m

※観察の際は、ヒナ及び親鳥を驚かせないよう、静かに観察をお願い致します。
キャンベルタウン野鳥の森とは?
キャンベルタウン野鳥の森は、1995年9月にオーストラリアのキャンベルタウン(Campbelltown)市との姉妹都市交流10周年を記念して、オーストラリアの「自然」に親しみ理解することを願って開設されました。総面積は5,300平方メートルで、約3,000平方メートルのバードケージの中に鳥たちを放し飼いにした施設をメインとして、ワラビーの仲間であるアカクビワラビーを展示しているエリアがあります。
アクセス
東武伊勢崎線 北越谷駅東口よりバスで約10分。行先はエローラ・弥栄循環など 小田急弥栄(やさか)団地入口で下車し、徒歩5分
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ